筋力トレーニングの正しいフォーム

筋力トレーニングは正しいフォームで行う

筋力トレーニング,正しいフォーム

 

自重トレーニングでなくても、ウエイトを使用したトレーニングでもフォームは大変重要になります。正しいフォームでトレーニングが出来ると効果が100になるとするが、間違ったフォームでトレーニングしていると効果が30程度になってしまいます。

 

正しいフォームで行う事は、とても大切な事です。正しいフォームでトレーニングを行うと、鍛えたい筋肉を効率良く鍛える事が出来るようになります。ウエイトを使ったトレーニングとウエイトを使わない自重トレーニングのどちらでも、間違ったフォームで行うと怪我をする可能性があります。

 

正しいフォームで出来ると、怪我をする確率が低くする事が出来ます。正しいフォームは簡単には見に付かないので、トレーニングを開始した時から1回1回正しいフォームを意識しながら筋トレを行っていくのが大切です。間違ったフォームで筋トレをしていても、時間をかけてじっくりとフォームを矯正する事で正しいフォームで出来るようになります。

 

最初は正しく行うために、負荷を軽くして行う事です。筋力がある人でも軽い負荷で初めて、関節を痛める可能性があります。呼吸も重要で、正しい呼吸法を身に付ける事です。正しい呼吸法を身に付けるとしっかりと力を発揮させられるので、きちんとした呼吸をするのが大事です。

筋力トレーニングを行う手順

筋力トレーニング,正しいフォーム

 

筋トレは大きい筋肉から鍛えていった方が良いです。このため体幹や太もも等の大きな筋肉を鍛えて、成長ホルモン等筋肉を発達させるホルモンの分泌が多くなり全身の筋発達やあらゆる筋トレの効果が大きくなります。反対に小さい筋肉ばかり鍛えていると、鍛えている部位も発達しない事もあります。

 

胸や背中や太もも等の大きい筋肉を優先して、先に鍛えていきます。体力や精神力や時間がない人は、大きい筋肉だけを鍛えるだけで十分です。コンパウンド種目というのは、腕立て伏せやベンチプレス等の関節を複数使う多関節種目の事です。

 

アイソレート種目と言うのは、ダンベルフライやダンベルカール等の短関節種目の事です。このためコンパウンド種目を先に行い、アイソレート種目を後で行うのが基本です。コンパウンド種目の方がアイソレート種目に比べると、扱える負荷が大きくなり筋発達等のあらゆる筋トレの効果を発揮出来ます。

 

しかしいきなり高負荷を扱って筋トレを行うと、怪我をしたりする可能性があります。怪我を防ぐためには、軽負荷でフォームの確認をしたり少しづつ筋肉をならして最大限に筋力を発揮出来るようにアップセットを行います。アップセットは、筋肉に疲労が残らない程度の筋トレを行う事が大切です。

トランスホーマー長袖シャツの通販購入はこちら!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのトランスホーマー長袖シャツも確認してみてください。